FC2ブログ

銭湯の再生の見学会に参加

先日、銭湯を事務所に再生した建物を見学しました。
銭湯の形はなるべく残しながら、お金を掛けずに違う用途で利用しています。
耐震補強もされているようですが、普段業務で補強工事をしている立場からすると疑問に思うことも…
また防火関係等、現行法にも適用出来ていない様で、難しい面もあるかなと思うことも。

再生ではなくて再利用として考えると、可能なのかなと思います。
参考になる部分もあり勉強になりました。
s-DSC_0186.jpg

s-DSC_0191.jpg

s-DSC_0192.jpg

s-DSC_0189.jpg


スポンサーサイト

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

補強コンクリートブロック塀についての講習会

本日は、補強コンクリートブロック塀の安全点検における技術講習会に参加しました。

s-DSC_1024.jpg

先日、大阪の地震によりブロック塀の倒壊が起きたために、既存のブロック塀の安全点検の必要が生じています。

皆さんで出来る第一段階診断と、専門家が行う第二段階診断があります。
第一段階の診断は外観の基づく点検
第二段階の診断はブロック内部の診断

第一段階の診断は、国土交通省のホームページをご確認下さい。
第一段階の診断にて、気になる場合は専門家にご相談ください。

建築士全国大会に参加

12月8日から第60回建築士全国大会に参加するために、京都に行ってきました。
約20年ぶりの京都です。

s-DSC_0846.jpg

続きを読む»

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

既存住宅状況調査技術者講習修了証

修了証明書が届きました。
既存住宅状況調査の詳細については、後日ご案内いたします。

DSC_0733.jpg

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

既存住宅状況調査技術者講習に参加

先日、既存住宅状況調査技術者移行講習に参加しました。

DSC_0616.jpg

「既存住宅状況調査」とは、既存住宅の構造耐力上主要な部分等の状況を調査をすることです。
中古住宅を取引する際に、宅建業者が調査を行う会社を斡旋したり
契約時に重要事項説明書に状況調査の結果を添付する必要があります。

調査の対象物件は昭和56年6月1日以降に建てられた、新しい耐震基準で建てられた建物が対象で、
主に劣化事象(建物が異常な状態で傷んでいる)を調査していきます。

この制度が平成30年から始まる法律で、
実際はどのように活用させていくかは、まだ不透明ですが
不動産取引する際だけではなく、
今住まわれている住宅についても活用できる調査なので、その点では活用出来そうです。

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

プロフィール

odyssey2004

Author:odyssey2004
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
リンク
カテゴリー
最近のコメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
10318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
1697位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク